ぼくらはみんな欠けている。

サブカル時々アクティブのちインドア。

嫌いな君のことばかり考えている。

蝦夷梅雨が明け、短い夏が始まった。

 f:id:skay0202:20160713192027j:image

 

心地良い風が吹き抜ける北の大地の夏。

朝晩は肌寒く、上着が欠かせない。

たまに本州よりも暑くなったり。

姿をなかなか見せない蝉の声。

そんな、いつも通りの夏がやってきた。

 

 f:id:skay0202:20160713184139j:image

 

好きか嫌いかで言えば、夏は嫌いな部類に入る。

それが、少数派だということはわかっている。

 

だらだらと汗をかいて化粧は落ちてしまうし

かと言ってエアコンの風は好きじゃない。

この時期の関東では暮らせない自信がある。

おまけに虫が得意ではないので

電灯に群がる蛾の大群と、バチバチっと鳴る音。

どこからともなくやってくるコバエ、

いつの間にか巣を張り巡らせるクモ、

ああ、考えただけでぞっとする。

人前で水着になれるような体型でもないから

海水浴だとかプールだとかは

最後に行ったのはいつなのか覚えてすらいない。

前述の通り、虫が苦手なのでキャンプも身を構えてしまう。

(綺麗なコテージなら可)

各地で開かれる夏の「音楽フェス」に

いつだって憧れている気持ちはあるし

誘われれば行ってみたいのだが

サブカルを武器にした群衆はほんのり苦手な

"同族嫌悪"に近いものがある。

花火大会、会場で見るのは人混みにひと苦労するし

遠くで見るのはなんだか物足りない。

f:id:skay0202:20160713184956j:image

 

夏で唯一、好きなのは

祭りの類いが行われることだ。

花火大会と同様に、人混みは人混みだけど

屋台の匂い、その時その時に流行るよくわからないおもちゃ。

国籍不明の食べ物。

汗ばんだ艶っぽい浴衣の少女。

少し怪しくてノスタルジックな日本の風景に

なんだか心が躍る気がする。

だけど、

りんご飴や綿あめはべとべとする。

チョコバナナは大好きだけど

それも手が汚れがちで。

氷にただシロップをかけたものが

500円なのも納得がいかない。

くじ引きは本当に1等が当たるのだろうか。

 

、、、そんないくつか引っかかる点も含めて

"祭り"の雰囲気だから好きなのかもしれない。

 

 

 

暑い、暑い、嫌い、嫌い、と言いながらも

週末にどこへ行こうか

何をしようか、

誰を誘おうか、

ついつい考えてしまうのはなぜだろう。

思い浮かべる友や家族が

夏の陽射しの中で笑っているからだろうか。

私も、その笑顔の中にいたいからだろうか。

 

f:id:skay0202:20160713184210j:image

f:id:skay0202:20160713184222j:image

ぎらぎらとした太陽を浴びながら

そんな嫌いな夏のことばかり考えている。

 

日々の天気予報に一喜一憂しながら、

そうして夏の思い出が増えていく。

 

photed by ayaka (@ayakaaa28) • Instagram photos and videos